前へ
次へ

土地活用における方向性とは

土地活用の一つとしてやらなければならない理由に固定資産税がかかっているだけで一切自分が使っていないような土地があるということがあります。
つまりは、不動産というのは固定資産税というのが課せられることになりますので持っているだけではかえって負担になることがほとんどです。
ですから、遊ばせているくらいであれば土地活用として何かしら建物を建てて貸したりとかあるいはそのまま貸してしまうことができるのであればそれでもよいでしょう。
固定資産税は公示価格の70%とされているのです。
評価が低くされるため基本的には固定資産税は徐々に下がりつつはあるのですが、それでも無駄に土地を持っているくらいであれば売れるのであれば売りましょう。
しかし、よりよいのはできるのであれば土地活用ということになるわけです。
できるのであればというのは要するに無理をしないで本当に見込みがあるのであればやるということです。
それはよいことでしょう。

Page Top